Search
Search Menu

最適なルーメンがわからない

プロジェクターは、映像をスクリーンに投影するための装置です。この投影は光によって行われ、光の強さによって映る映像の濃さが変わってきます。このため映像の明るさを最適なものにするには光の強さであるルーメンの調整を行う必要があります。

プロジェクターの最適なルーメンとは、その映し出すサイズによって変わってきます。つまり大きくなればなるほど強い光が必要です。スクリーンサイズが画面サイズ80型以下であれば2500ルーメンから2800ルーメンでも十分に投影することが可能ですが、80型から100型の範囲になると3500ルーメンは必要になります。また100型を超えると4200ルーメン以上は必要になります。

プロジェクターはもともと複数の人が映像を大画面で見るのが目的であるため、3500ルーメン以上が快適に使える明るさといえます。

ドット欠けと言えば、液晶モニターを想像する人が多いと思いますが、プロジェクターでも同じように映写した映像の一部が欠ける事があります。

プロジェクターのドットが欠けたら、まず考えられるのはレンズの表面が汚れていたり、レンズ表面に物理的なキズが出来ている事が考えられます。

そのような場合は、レンズクリーナーで表面のゴミを取り除いたり、レンズを交換すれば改善します。

また、稀にですがプロジェクターの製造中に、内部に埃などのゴミが混入して、レンズの内側が汚れている事があります。

このような時には、機械に詳しいひとなら開けてクリーニングする人もいますが、メーカーに対応してもらった方がいいです。

何故なら、一度内部を開けてしまうと、単にクリーニングしたと言い訳しても、改造したと言われて通常の修理も受け付けてくれなくなる可能性があるからです。

ドットが欠けたら、自己対処せずメーカーに相談するべきです。